福山黒酢とは

福山黒酢とは

天然魚VS養殖魚

福山黒酢は鹿児島県霧島市福山町で江戸時代から長年受継がれてきた伝統の製法により生みだされたお酢。 鹿児島の黒酢として有名ですが、黒酢のほとんどが福山町で生まれ、本当にいい黒酢は福山町でしか作れないとまで言われています。 アマン壷と呼ばれる陶器の壷に七分つきの米と米麹、福山の天然水を入れて仕込み、南国の太陽と錦江湾に面した温暖な気候の中で自然発酵にて作られたものです。 黒酢は一般的に熟成期間をかけるほど色が濃くなり、うま味や香りを増すとともに、まろやかになります。
この鹿児島県福山町特産の自然発酵の黒酢を餌に混合することで、さつま黒酢ぶりは健康に育ち、他の天然魚や養殖魚よりも高い栄養成分を含む養殖ぶりとなるのです。

福山黒酢の特徴

効能
・疲労回復・筋肉痛の改善
・血流をよくし、血液をサラサラにして血圧の正常化を促します
・血糖値やコレステロールの低下、肝機能の強化
・肥満や便秘の改善・アトピー性皮膚炎の改善などに 効果があると報告されています。
福山黒酢の飲み方
お酢は刺激が強いので、そのまま飲むと胃の粘膜を傷つけることがあります。 
薄めて飲むか、食後に飲むことをお勧めします。

福山黒酢の美味しい飲み方レシピ
牛乳割り・オレンジジュース割り・アップルジュース割り